FC2ブログ

まいん親衛隊2ちゃんねるまとめブログ

姫しゃまのきゃわわを脅かすキモオタは首チョンパだお(`・ω・´)ゞ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
691 本当にあった怖い名無し [sage] 2011/10/11(火) 14:08:48.00 ID:HcPKUEBeP
昔、友人の結婚式に行った時のこと

場所が遠く、新郎新婦は遠方から来る人達の為にホテルを用意してくれていた
それぞれの友人達とも仲良くなり、つつがなく式は終了、2次会も終わってホテルでぐっすり
ところが朝が弱い自分なのに夜明けと共に目が覚めた
遠方に来て調子が狂ったのかなと思い、窓のカーテンを開けようとベッドから手を伸ばすと

ベッドと窓(下は壁)の間におばあちゃんがうずくまっていた

このとき、私はものすごく寝ぼけていた
どのくらい寝ぼけていたかというと、その不審な老女を自分のおばあちゃんと間違えるくらい

おばあちゃんどうしたの?!なぜこんなところにいるの?
こないだ電話した時元気だったじゃない!死んだらいけん!おばあちゃん、死んだらいけん!
そう叫んで見知らぬ老女に覆いかぶさるようにして肩をつかんでぐいぐい揺さぶってしまった
どのくらい揺さぶり続けたのか、泣いていたら手ごたえが消えた

早速朝の5時なのに実家に連絡
祖母の無事を確かめてほっとした

それからじわじわと すがりついてゆさぶった人が赤の他人でしかも幽霊だということに気付いた
顔真っ赤になっていいのやら青くなっていいのやら
今でも時々思い出して恥ずかしくなる
幽霊さん、取り乱してごめんなさい
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erioru1234.blog101.fc2.com/tb.php/5457-37e1f697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。