FC2ブログ

まいん親衛隊2ちゃんねるまとめブログ

姫しゃまのきゃわわを脅かすキモオタは首チョンパだお(`・ω・´)ゞ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
634: 恋人は名無しさん [sage] 2011/10/05(水) 01:26:46.85 ID:2QDDT/nwO

投下します。
2年程前の話です。

私子 大学1年 田舎者
先輩男 大学2年 ガチムチ
同期子 大学1年 かなりギャル系

田舎から上京し、大学生活が毎日不安で、そんな自分を変える為にサークル入部を決意。
入った文化系サークルで出会ったのが先輩男ど同期子。
先輩男は受け身な私がサークルに溶け込みやすいように個人的に色々企画をしてくれた。
同期子は雰囲気は全然違うけど、妙に馬が合いサークルでは常に一緒だった。

やがて学科の友達も出来て、サークルでは先輩や同期達と楽しく過ごす日々。
先輩男が少し気になってたけど、彼女がいるのでスルー。
たまにサークル帰りに先輩男含めた複数で食事をする程度だった。
が、夏の合宿の時、いきなり同期子から悩み相談。
「実は先輩男が入部した時から好き。彼女いても関係ない。協力してくれ」
とのこと。私子はそれはいかんだろと適当に流す。

しかし、その後先輩男からも相談が。
「彼女と別れたい。最近上手くいってないし、会えなくて寂しい」
とのこと。大変だなと思いつつ、話聞いて幾つかアドバイスした。
その後別れたと聞いて、あぁそうかいそうかいと思っていた。

が、それから先輩男がびっくりする程豹変。

やたら私子に感謝し、メールや電話の嵐。絵文字のハートマーク飛びまくり。
一緒に帰りたがったり、「私子ちゃん可愛い、大好きだわー」と連呼、
食事に誘うわ、ラブコールするわと、貴方こんなキャラでしたっけ?レベル。
同期子に気を使って食事をセッティングしても上の空。私子にベタベタ。

今なら「きんもーっ☆」で済むけど、恋愛経験0の私子は段々舞い上がる舞い上がる。
あっという間に先輩男にぞっこん。先輩男は相変わらず優しく、
色々なところに連れていってくれた。まぁとにかく色々とした。
同期子も「先輩男飽きたわー」と言ってたので、あまり気にしなかった。 で、2ヶ月位経った時に、私子は気づいた。
先輩男は「好きだ」とは言うけど、「付き合ってくれ」とは一回も言わない。
段々もやもやしてきて、ある日先輩男にその話を振る。
すると、先輩男は「ごめん!」といきなり謝る。
「俺…実は最近同期子ちゃんの方が好きになったんだ!」

…ぱーどぅん?

よく聞くと、私子にモーションかけた時は彼女とまだ別れてなかった。(嘘ついてた)
同期子からもアプローチされてたが、その時は私子に夢中。
でもノリで同期子とも体の関係を持った。(つまり3股)
そのうち私子に飽き、同期子とも同時進行でいちゃいちゃ。
段々同期子に気持ちが傾き、彼女とは別れる。
てな訳で私子はもういらね☆一時の気の迷いだったのさ←今ここ

腹立ちと情けなさで何も言わず私子帰宅。しばらくすると先輩男からメールが。
「今日は辛かったね☆まぁさっぱり忘れてサークルがんばろうね!」

キレた。

速攻先輩男と同期子を呼び出し。二人で来た所を問い詰める。
内容は上に同じだが、あまり覚えていない。いびりまくった。
気がついたら先輩男は、泣きじゃくって地面に這いつくばり過呼吸に。
同期子はメイクどろどろで号泣。コンビニの袋を先輩男に被せる。
同期子には「こんなに辛い思いしてたのに気づけなくてごめん」「3股男なんかありえない」
と必死で謝られたが、自分も周りも何もかもが嫌になって黙って帰宅。

その夜、同期子から電話がかかってきた。が、豹変してどちら様レベル。

「やっぱり同期子は先輩男が好きなの…」
「つーか私子馬鹿じゃん。遊ばれてやんの」
「ぶっちゃけ私子とか最初からどうでもよかったし」
「男を過呼吸にさせるなんて女じゃない、最低ふじこふじこ」

うんざりして、先輩男をサークルに金輪際来させない事を条件に許した。
それから縁切り宣言。同期子いずれも承諾。
結局、揉めてから一週間経たないうちに先輩男と同期子は付き合い始めました。
で、意外にも先輩男は一切サークルに来なくなった。

私子はその後吐いたり食欲なくしたりと大変だったが、
幸い春休みで周囲の支えもあり、数ヵ月で無事に回復。
未だに先輩男と似た体型の男性を見ると、ビクッとします。
が、最近彼氏もでき、友達も相変わらず良い子ばかりで、大学生活は地味に幸せな毎日です。
サークルは前ほど顔出してませんが、同期子と先輩男は今も付き合ってるそうです。
何でも先輩男が有名企業に受かったとかで、結婚したい!ラブラブ!とお花畑だそうで。
まだ内心悔しい気持ちはありますが、はいはい馬鹿夫婦とスルーしてます。
彼氏にも全部話して理解してもらえたので、自分なりの幸せを満喫します。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erioru1234.blog101.fc2.com/tb.php/5390-c880c38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。